表参道の歯医者で歯周病と診察された時の流れとは

歯の状態が良くないと感じた人が、表参道の歯医者に行き診察してもらったとします。

歯科医は歯の状態がよくわからないと判断し、念のためにレントゲン撮影をして、患者の歯の状態を調べます。



その結果、歯周病と判断された時は、おそらくですが患者の表情は真っ青になっているはずです。

表参道の歯科医は患者に対して、歯周病は歯の食べかすと歯垢を定期的に除去して綺麗にすれば悪化はしないと説明するので、患者の表情に明るさが戻ります。



そして歯科医は、患者の歯の表面についた歯垢を特殊な器具を用いて削って落としてくれます。

糸のような物を使って、歯の間についた食べかすの除去もしてくれます。

歯垢を全て除けなかった時は、次の週に来て下さいと言うので、面倒と感じるかもしれないですが承諾しておいたほうが無難です。

歯垢が全て除去できた時は、次は4ヶ月後に来て下さいと言うので、定期健診の代わりになるので通わせて頂きましょう。歯の磨き方が強すぎると言われた時は、力を緩めて歯を磨くといいです。
4ヶ月後に表参道の歯医者へ再び訪れると、歯科医は歯周病のチェックの前に虫歯があるのか調べてくれます。


虫歯があればしばらくの間、治療をするために通うことになるので注意です。


虫歯がない場合は、歯周病の治療として歯垢を削ったり、糸を使った食べかすの除去をしてくれます。


最後のほうに歯周病対策として、フッ素を歯の表面に塗ってくれます。



塗った後は果物のような香りが口の中を漂いますが、唾液などは飲んでも大丈夫です。
ただ、40分の間は飲食しないでほしいと言われるので、言いつけを守ると歯に良い影響を与えてくれます。